アクセスカウンタ

日々のできごと・思うこと

プロフィール

ブログ名
日々のできごと・思うこと
ブログ紹介
 ふと思いついたこと、ちょっとした旅行記など雑多な文章の寄せ集めです。
 なお、このブログは、歴史好き・旅好きの管理者YAGOPINによる歴史と旅のサイト「YAGOPIN雑録」の一部を構成しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
名鉄
単身赴任を含むと愛知在住9年半で、うち9年弱は名鉄沿線に住んでいる。さすがに慣れたけど、この名鉄が東京のどの私鉄よりも複雑怪奇なのである。 1.行き先が複雑怪奇 名鉄名古屋駅から、北側は名古屋本線・犬山線(各務原線・広見線)・津島線(尾西線)、南側は名古屋本線・常滑線(空港線)・河和線・知多線・西尾線・豊川線の各線に直通する列車が走る。とりあえず何に乗っても名古屋には行くけど、そこから先は行き先をよく見ないと危険である。実際、私は一宮(北)に向行くつもりで津島方面(西)に行ってしまったこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 21:40
今月の写真:横浜マリンタワーより
今月の写真:横浜マリンタワーより 建設されてから半世紀以上が経つ横浜マリンタワー。高さは106mで、横浜ランドマークタワーの1/3ほどしかなく、若干地味な存在ですが、目の前には氷川丸・山下公園、遠くにはみなとみらいや横浜ベイブリッジなど、展望台から横浜港の美しい景色が見られます。2015年12月20日撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/08 00:04
松山城・丸亀城
松山城・丸亀城 道後温泉に宿泊し、今日は朝から松山城に出掛ける。坊っちゃん列車に乗ろうと思っていたが、残念ながら満席だったので、普通の路面電車に乗る。松山城は平山城なので、リフトに乗って山の上に上がる。大手門跡から戸無門、筒井門、太鼓門とくぐって本丸に入った。本丸までの道筋は防備が固く、筒井門の横には隠門があり、筒井門を攻撃する敵の後ろに回り込んで挟撃できるようになっている。本丸奥の天壇と呼ばれる場所にある天守は、姫路城同様の連立式で、大天守、小天守、北隅櫓、南隅櫓の四つの櫓が渡櫓で連結されている。大天守... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 19:07
伊予大洲
伊予大洲 九州からの帰り道は、関門海峡を渡って本州に戻るのではなく、豊予海峡を渡って四国を経由することにする。日豊本線の幸崎という駅からバスで大分県の佐賀関港に行き、国道九四フェリーに乗る。16年前にも同じルートで九州から四国に渡ったが(http://www.geocities.jp/yagopinzatsuroku/everyday/2001/01.htm#kyushi)、バスは当時のJRバスから大分バスに替わり、船も昨年新造されたばかりの綺麗な船に替わっていた。関アジ関サバの泳ぐ海の上を進み、1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 17:34
京都2日目
京都2日目 昨日、大覚寺でもらったパンフレットを眺めていたら、ライトアップしていた大沢池だけでなく、お寺の方もちゃんと見てみたくなったので、今日は朝一番で大覚寺に行く。大覚寺は、嵯峨天皇の離宮から門跡寺院となったお寺で、鎌倉時代には後宇多法皇の御所となった。宸殿は、天皇に入内した徳川秀忠の娘・東福門院和子の御殿を後水尾天皇が下賜したもの、正寝殿は後宇多法皇の御所で、後に南北朝の講和が行われたところ、と境内には由緒ある建物が並んでいる。狩野永徳など狩野山楽によるふすま絵や天井の龍図など、建物の内部も見ど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 16:05
湖南三山・嵯峨嵐山
湖南三山・嵯峨嵐山 永年勤続記念の特別休暇をとって、今日から早めの帰省を兼ねた旅に出る。最初の目的地は、滋賀県の湖南三山とした。湖南三山は、滋賀県湖南市にある常楽寺・長寿寺・善水寺の総称である。一昨年に訪れた西明寺・金剛輪寺・百済寺の湖東三山は有名だが、湖南三山もあることに最近気がついた。それもそのはずで、湖南三山は2004(平成16)年に合併で湖南市が誕生したことがきっかけとなり、2005(平成17)年に「湖南三山」と呼ばれるようになった比較的新しい名所なのである。とはいえ、すべて奈良時代に創建された非常に歴史... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 22:10
愛岐トンネル群一般公開
愛岐トンネル群一般公開 東京の中央線は高尾駅を過ぎると関東平野から急に山の中に入っていくが、名古屋の中央線もやはり高蔵寺駅を過ぎると濃尾平野から急に山の中に入っていく。愛知県と岐阜県の境にあたるこの区間を1966(昭和41)年に複線化・電化したときは、まったくの新線に付け替えられたため、明治時代に造られた従来の線路は放棄された。21世紀になり、放棄された旧線に明治時代のトンネルが残されていることが注目されて、春と秋に一般公開されるようになった。今日は休みをとって、愛岐トンネル群と呼ばれるそれらのトンネルの一般公開に行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 17:44
江戸城外濠
江戸城外濠 市ヶ谷まで出たついでに江戸城外濠沿いに散歩する。外堀通りから外濠公園に入り、四谷見附跡の石垣を見てから、迎賓館の前を通って喰違見附へ。外濠は飯田橋から市ヶ谷、四ッ谷と少しずつ水位が高くなっていって、ここが最高点になる。左の真田濠は戦災の瓦礫で埋められてグラウンドになったが、右の弁慶濠は水面が残っている(上の写真)。江戸城の見附は枡形門になっている箇所が多いが、ここは喰違の名のとおり土塁の間のクランク状の道を行く。この見通しの悪い場所で1874(明治7)年に右大臣岩倉具視が暗殺者に襲われたが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 14:40
目黒
目黒 午後から目黒辺りを散歩する。目黒駅を降りて行人坂を下り、目黒川を渡って五百羅漢寺に参拝。530体以上彫られ、305体現存するという羅漢像は、元禄年間に松雲元慶という人が彫ったもので重要文化財である。もともとは本所にあったが、明治時代に衰退して目黒に移ったという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/23 18:12
夜明け前
木曽路を歩く以上、島崎藤村の「夜明け前」は読んでおくべきだろうなと思い、無料の「青空文庫」で読み始めた。しかし、長編なのでなかなか読み進まず、他のことに気をとられてしばらく放置していたこともあって、とっくに木曽路は歩き終わった今日になって、ようやく読了した。主人公の青山半蔵は、島崎藤村の父親で、中山道馬籠宿の本陣兼問屋兼庄屋を務めていた島崎正樹で、内容は実話に則しているようである。中山道のWikipediaのあらすじを見ると暗い話のようだが、それは最後の最後の部分だけで、ほとんどは、主人公の目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 19:21
川越
川越 今日は、久しぶりに子どもと川越に行ってきた。ちょうど「唐人揃い」というお祭りをやっていて、蔵の多く建つ通りを朝鮮通信使の仮装をした行列が通っていく。川越に朝鮮通信使の行列が来た歴史はないが、江戸時代の川越氷川神社の祭りでは、朝鮮通信使の仮装行列が出ていた記録があるそうである。祭りをやっている通りから横道にそれて醤油蔵の見学に行く。明和元年創業の松本醤油というお店で、蔵は天保年間に建てられたもの。醤油をつくるのには早くても4か月ほどかかるそうだが、ここでは2年かけて醸造しているそうである。鏡... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/12 21:22
三連休
三連休 連休初日の3日は、両親妻子と栃木県壬生町へ。ここは、東京の下町からおもちゃ工場が数多く移転してきた「おもちゃのまち」である。とちぎわんぱく公園の中にあるおもちゃ博物館で、昔のおもちゃを眺めたり鉄道模型を操作したりする。なんとなく、うちの子よりも少し下の未就学児くらいの方が楽しめるかなという感じがした。 博物館を一回りして、もう一ヶ所、バンダイナムコの工場に隣接したバンダイミュージアムに行く。こちらは昔のおもちゃといっても、18世紀の人形があったり、20世紀初頭のイギリスの炭鉱のジオラマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 18:38
今月の写真:西明寺
今月の写真:西明寺 湖東三山の一つ・西明寺。比叡山の傘下にあったため、織田信長の焼き討ちに遭いましたが、僧が山門近くの建物を激しく燃やすことで全山焼失に見せかけたため、鎌倉時代の本堂や三重塔が現代に残りました。奥に見えている建物が国宝の本堂です。2015年11月29日撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 20:06
中山道(塩尻宿〜下諏訪宿)
中山道(塩尻宿〜下諏訪宿) (前回:奈良井宿〜塩尻宿) http://s.webry.info/sp/yagopin.at.webry.info/201709/article_1.html 2017年11月27日、今日は休みをとり、前回までと同じ電車に乗って朝10時前に塩尻駅に着いた。塩尻駅は中央線と篠ノ井線の分岐駅で、かつては東京方面から名古屋方面と松本方面に分岐する位置に駅があった。しかし、名古屋から松本に行くのには、塩尻駅でのスイッチバックが必要だったため、東京と名古屋のそれぞれから松本方面に行けるよう、198... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/27 21:29
奥多摩むかし道
奥多摩むかし道 三連休なので久しぶりに御岳山にでも行ってみようかと思って調べていたところ、以前に行こうとして通行止めで行けなかった「奥多摩むかし道」のことをふと思い出して、そちらに行ってみることにした。奥多摩むかし道は、奥多摩駅から奥多摩湖まで、昔の青梅街道の道筋をたどるハイキングコースである。もっとも昔と言っても1899(明治32)年に付け替えられた道だそうで、江戸時代の街道はもっと険しかったらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 17:34
今月の写真:秋の信州
今月の写真:秋の信州 中山道野尻宿付近の田んぼ。稲穂の向こうに中央アルプスの山々が見えていました。2017年9月15日撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 11:18
睡眠の秋
この週末は、まったく寮から出ずに過ごした。今年は秋の花粉症がひどいということもあるが、どうもこのところ眠くて仕方がないので、とにかく睡眠をとりたいと思ったのである。私の平日の睡眠時間は5〜6時間で、今までそんなに短いとも思っていなかった。しかし、土日のどちらかは、いつも8時間以上寝ているので、月平均の睡眠時間は、約6時間半になる。つまり6時間半が本来必要な時間で、平日足りていない分の睡眠負債を休日に返済しているということなのだろう。 先月、睡眠時間がいちばん長かったのは22日で11時間超だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 23:37
戦国時代+400年
今から400年前は1617年なので江戸時代だが、むかし歴史を勉強したときの記憶が残っているせいか、400年前は戦国時代というイメージがある。なので、戦国時代の年号に400を足していくと、当時の時間の感覚がつかめるのではないかなどとバカなことを思いついて、ためしに計算してみる。 徳川家康は1543年、秀忠は1579年、家光は1604年の生まれなので、400を足すと家康は1943(昭和18)年、秀忠は1979(昭和54)年、家光は2004(平成16)年生まれになり、家康は父より少し上、秀忠は私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/26 19:50
秋の花粉症
9月15日くらいから、くしゃみが出だした。どうやら花粉症らしい。今の季節だとヨモギかブタクサか。今日は朝からくしゃみは出るわ目はかゆいわで、春よりひどい。週末は名古屋にいる予定なので、中山道の続きを歩きに行こうかと思っていたが、この調子では寮でじっとしていた方がいいかな…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/26 18:54
こもれび森のイバライド&シャトーカミヤ
こもれび森のイバライド&シャトーカミヤ 茨城県稲敷市にある「こもれび森のイバライド」というテーマパークに行ってみた。常磐線の牛久駅から送迎バスが出ていて、30分くらいで着く。牧場があって、アルパカやヤギに餌をあげたり、ポニーに乗ったりできる。乗り物はいちいち料金がかかるので、子どもの分だけ1,500円のフリーパスを買って、ゴーカートに初めて一人で乗せた。インモーションというセグウェイみたいな乗り物に乗れたり、芝滑りがあったり、バブルバズーカで泡だらけになったり、いろいろな遊び方ができる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 17:37

続きを見る

トップへ

月別リンク

日々のできごと・思うこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる